鉄構事業

鉄鋼事業について

Mグレード認定工場

昭和47年に鉄骨建設業者として誕生した当社は、高品質、高信頼を維持するために設計から施工まで 手がけるトータルシステムを構築し、先進システムを使った品質検査にも取り組んできました。 その結果、国内の大手鉄鋼メーカーより指定工場として認められ、昭和56年に国土交通大臣よりRグレ ード工場認定を、昭和58年にはMグレード工場認定を受け、確かな地位を確立しています。 当社は、高品質への挑戦を永遠のテーマに、積極的に業務改善に取り組むとともに、業務の効率化や 短納期化、低コスト化を図るための情報化も推進。時代にふさわしい企業づくりを進めています。

施工実績紹介

工程

全工程にこまやかな神経を注ぎ、高品質・短納期を実現します。

ミューズ建設は国土交通大臣Mグレード認定工場です。設計から施工までの一貫体制と、品質保証のための 数々の検査システムを導入し、お客様の高い信頼を確保するため、つねにレベルアップに努めています。

STEP1:設計

設計図書から多くの情報を読み取り、施工図の作成を速やかに行います。その後工事管理者と綿密な打合せ・承認のもと加工図を作成します。不明な点は決して残さず、双方合意の上で次工程へ移ることを心がけています。

STEP2:一次加工

北工場に入荷した鋼材は、鋼材検査の後、一次加工(切断・孔明・開先加工・ショットブラスト等)を行い南工場の組立工程へと移ります。熟練した職人による、正確且つ素早い作業により製品の品質向上に努めています。

STEP3:組み立て加工

一次加工後の製品は南工場において組立作業を行います。作業に適した定盤や治具を用いて、部材相互の位置及び角度を正確に保ち、丁寧に組立溶接を行います。組立後は組立検査を行った後、本溶接へと移ります。

STEP4:溶接加工

本溶接は、有資格者による半自動溶接を主として行います。又、ロボット溶接(大組溶接×2台、仕口・内ダイヤ溶接×1台)を併用することで、工期短縮や溶接精度の向上を図り、より良い品質を確保することが出来ます。

STEP5:製品検査

製品検査では、寸法・外観・超音波探傷(UT)検査にて製品の品質を確認します。設計者、工事監理者立会いのもと行う検査であり、特に溶接技術においてお客様から非常に高い評価を頂いております。

STEP6:塗装出荷

製品検査において合格となった製品は、塗装を行い工事現場へと出荷されます。塗装は屋外で行いますが、大きな屋根のある場所で行うため、雨天でも作業を行うことが出来ます。

工場作業写真・動画

動画

写真